ビジネスアプリケーション大手SAP、Web 2.0ツール開発に注力

文:Martin LaMonica(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年01月24日 12時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビジネスアプリケーション大手SAPの幹部によれば、同社は2006年、エンドユーザーが簡単にコラボレーションを実現し、生産性を向上させていけるような機能の強化に取り組む意向だという。

 こうした追加機能は、「wiki」と呼ばれる共有ウェブページに代表されるWeb 2.0技術、オンライン掲示板、ミニアプリケーションのウィジェットなどを核として開発されている。SAP製品を利用しているデスクワーカー同士のコラボレーションを容易にすることがその目的だ。

 SAP Labsで先進ソリューション担当ゼネラルマネージャーを務めるDennis Moore氏は、「コミュニティ志向のツール開発を目指すのは、チームで動く情報労働者に製品を提供している企業としてごく自然な流れだ。顧客も、そうした機能を望んでいる。共有可能なデータを蓄積してきた企業が今必要としているのは、それらを活用する手段なのだ」と述べた。

 新たな個人生産性ツールは、SAPのビジネスアプリケーションスイートユーザーに対し、2007年中に順次提供するという。

 エンドユーザー向けのコラボレーション機能強化に乗り出しているのは、SAPだけではない。米国時間1月22日には、IBMがWeb 2.0戦略を発表し、ブログやwikiなどのソーシャルネットワーキング機能を「Lotus」スイートおよびポータルソフトウェアに組み込む、2種の新たなツールをリリースしている。

 大手のビジネスソフトウェア企業は、エンドユーザーの生産性向上に投資することで、顧客側のアップグレードを促進しようともくろんでいる。SAPは、2006年の販売目標を達成できない見込みであることを、1月初めに明らかにしていた。

 Moore氏は、人々が多くのWeb 2.0ツールは無料であるものと前提しているため、エンドユーザー向けの新機能から金銭的利益を得ていく方法はSAPにもまだ分かっていないと話す。それでも、顧客の満足度を上げることが重要だという。

 例えばSAPは、開発したウィジェットを同社の中核的なアプリケーションに追加する取り組みを進めている。通常ウィジェットは、1つのタスクを実行する小型のアプリケーションという形を取る。

 このウィジェットのおかげで、SAPアプリケーションの使い勝手は格段によくなると、Moore氏は話している。顧客のアカウント情報が更新された際にポップアップするウィジェットを営業担当者が作成したり、企業システムを検索するウィジェットを個人のデスクトップに設置したりといったことが可能になるのだ。

 「これまでのエンタープライズアプリケーションでは、アプリケーションを読み込み、起動して、検索機能がどこにあるのか探さなければならなかった」(Moore氏)

 Moore氏によれば、しばしばEnterprise 2.0とも言い表される、ビジネスでのWeb 2.0技術の利用には、従来とは異なる条件が付帯するという。

 具体的には、企業はよりきめ細かいデータセキュリティおよびアクセス管理を実現し、販売注文もしくは財政データなどの情報をビジネスアプリケーションから取得できるようにしておかねばならない。

 SAPのユーザー生産性向上担当ソリューションマーケティングディレクターAndrew Cabanski-Dunning氏は、同社は「NetWeaver」インフラストラクチャに改良を加え、SAPの従来のクライアントソフトウェアやウェブベースクライアント、ポータル、携帯デバイス、ウィジェットといった多様な形式から、SAPデータにアクセスできるようにしていくと述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算