編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

HDE、SMTP特化のゲートウェイ型ウイルス対策ソフトを発表

CNET Japan Staff

2007-02-07 22:19

 ホライズン・デジタル・エンタープライズ(HDE)は2月6日、SMTPに特化したゲートウェイ型ウイルス対策ソフト「HDE Anti-Virus 4.5 SMTP Gateway」の販売活動を2月27日から開始すると発表した。

 新製品は、メールプロトコルであるSMTPのウイルススキャンに特化したゲートウェイ型ウイルス対策ソフト。メールプロキシサーバとして動作させ、メールサーバの手前でウイルスを検知・隔離することで、ウイルスによるネットワーク負荷の増大を軽減し、クライアントに到達することによる感染リスクを軽減できる。

 HDE Anti-Virusは、Linuxサーバ管理ソフトであるHDE Controllerとインターフェースが統合できることから、Linuxサーバの構築からウィルス対策までを一元的に行いたいユーザーに多く利用されているという。また、HDE Controllerのユーザーの多くは、メールサーバを構築しており、メールに特化したゲートウェイ型ウイルススキャンのニーズがあり、これらニーズに対応するため、HDE Anti-Virus 4.5 SMTP Gatewayを開発している。

 稼働環境は、Red Hat Enterprise Linux AS 2.1/3.0/4、Red Hat Enterprise Linux ES 2.1/3.0/4、Red Hat Enterprise Linux WS 3.0/4、Turbolinux 8/10 Server、CentOS 4、MIRACLE LINUX V4.0。

 価格は、通常版が6万3000円から。乗換版が3万1500円から。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]