編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

dit、Vistaとインテルの最新「Centrino」に対応したLAN分析ソフト

WebBCN (BCN)

2007-02-09 12:42

 ディアイティ(dit、下村正洋社長)は2月8日、Windows Vistaとインテルの 無線LANチップに対応したLAN分析ソフト「OmniPeekシリーズ」の新バージョン 「OmniPeek v4.1」を発表した。2月13日から出荷開始する。税別価格は21万8000円から。OSはXP、2000でも利用可能。

 「OmniPeek」は、米ワイルドパケッツ(カリフォルニア州)が開発したLAN の通信状況などを分析するソフト。最新版では、インテルが提唱する「Intel Centrino モバイルテクノロジー」用の無線LANチップ「Intel Pro/Wireless 3945 ABG ネットワークコネクション」に対応。無線LANカードを使用すること なく、「Centrino」経由で、ソフトを入れたノートPCから無線LANの通信状態 やネットワーク解析などができるようにした。

 また、分散型ネットワーク解析システム「OmniAnalysisPlatform」として利 用した場合に、収集したネットワークのデータを作成するレポート機能「OmniReport Service」を新たに搭載した。レポート機能は別途用意するデータベー スサーバーとの連携が可能。各拠点に配置した分析エンジン「OmniEngine」か らのデータを統計解析し、グラフィックで表示もできる。また、ウェブシステ ムを編集することで、レポート機能をカスタマイズすることも可能。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]