編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

dit、Vistaとインテルの最新「Centrino」に対応したLAN分析ソフト

WebBCN (BCN)

2007-02-09 12:42

 ディアイティ(dit、下村正洋社長)は2月8日、Windows Vistaとインテルの 無線LANチップに対応したLAN分析ソフト「OmniPeekシリーズ」の新バージョン 「OmniPeek v4.1」を発表した。2月13日から出荷開始する。税別価格は21万8000円から。OSはXP、2000でも利用可能。

 「OmniPeek」は、米ワイルドパケッツ(カリフォルニア州)が開発したLAN の通信状況などを分析するソフト。最新版では、インテルが提唱する「Intel Centrino モバイルテクノロジー」用の無線LANチップ「Intel Pro/Wireless 3945 ABG ネットワークコネクション」に対応。無線LANカードを使用すること なく、「Centrino」経由で、ソフトを入れたノートPCから無線LANの通信状態 やネットワーク解析などができるようにした。

 また、分散型ネットワーク解析システム「OmniAnalysisPlatform」として利 用した場合に、収集したネットワークのデータを作成するレポート機能「OmniReport Service」を新たに搭載した。レポート機能は別途用意するデータベー スサーバーとの連携が可能。各拠点に配置した分析エンジン「OmniEngine」か らのデータを統計解析し、グラフィックで表示もできる。また、ウェブシステ ムを編集することで、レポート機能をカスタマイズすることも可能。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]