編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

マクニカ、Windows用Xサーバの最新版「Exceed 2007J」を発売へ--X11R7.1対応

ニューズフロント

2007-02-13 07:39

 マクニカネットワークスは2月9日、PC用Xサーバソフトの最新版「Exceed 2007J」(日本語版)の販売を2007年2月15日に開始すると発表した。税込み価格は8万1900円で、サイトライセンスも用意する。

 Exceedは、Windows上でUNIXアプリケーションによるX Window表示を可能とするカナダHummingbird製Xサーバソフト。マクニカが引用した米IDCの調査結果によると、全世界の市場シェアは71.5%あるという。マクニカはHummingbirdからソースコードの提供を受け、日本語版を開発してきた。

 Exceed 2007Jは、最新版X11プロトコルのX11R7.1に対応した。複数の設定プロファイルを用途や環境に合わせて管理できるMulti Space Profile機能や、X WindowだけでなくWindowsアプリケーション用ウィンドウも管理可能な仮想デスクトップ機能といった新機能も提供する。さらに、マルチモニタ使用時のダイアログ表示領域も改善した。

 対応OSは、Windows 2000/XP/Server 2003/x64 Editionとなる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]