編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

GMO-HS、ExchangeやSharepointをホスティングで提供する新サービス

岩本有平(編集部)

2007-02-16 08:43

 GMOホスティング&セキュリティ(GMO-HS)は2月15日、同社が提供するホスティングサービス「アイル」および「ラピッドサイト」において、Microsoft Exchange Serverなどを利用できるホスティングサービス「Windowsコラボレーションホスティング」を提供することを発表した。

 Windowsコラボレーションホスティングでは、「Exchangeサービス」「SharePointサービス」「IISサービス」――の3つのホスティングサービスを提供する。

 Exchangeサービスでは、Exchange Server 2003によるメールやスケジュール管理機能を提供する。予定価格は1アカウント、100Mバイトのハードディスク容量で月額1500円からとなる。Sharepointによるファイル共有機能を提供するSharePointサービスは、5ユーザー、250Mバイトで月額2000円から提供する。IISの機能を提供するIISサービスは300Mバイト、サブドメイン無制限利用で3500円からとなる(価格はいずれも税別)。

 GMO-HSでは2月15日から4月1日まで、プレトライアル期間として、Exchangeサービスを無料で提供する。 また、プリトライアル期間中は、ウィルコムの協賛により、先着10件の申し込みまでW-ZERO3(申し込み1件につき1端末)を無料で貸し出すとしている。4月上旬には正式にサービスインする予定だが、並行してExchangeサービスだけでなくSharePointサービス、IISサービスを2週間無償で利用できるトライアル期間を設ける。

 GMO-HSは現在、法人向けのホスティングサービスの契約者数で業界第1位となっており、中小企業を中心に20%のシェアを獲得している。ホスティングサービスの市場も年々成長の途をたどっているが、さらなるシェア獲得のため、「サーバを貸す」というサービスから、各種アプリケーションをホスティングし「ワンストップソリューション」の提供を行いたい考えだ。

 その第1弾となるWindowsコラボレーションホスティングでは、中小規模での導入が難しいExchangeなどを安価なホスティングサービスで提供することで、現在の主要顧客層へのアピールを狙う。今後はサイト構築からSFAやCRMまで幅広いサービスを提供し、大企業からSOHOまで、幅広い層で利用できるホスティングサービスを提供していくことを目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]