編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

マクニカ、PC用NFSクライアントソフトの最新版を3月発売--Unicode完全対応など

ニューズフロント

2007-02-23 15:29

 マクニカネットワークスは2月23日、PC用NFS(Network File System:共有ファイルシステム)クライアントソフトの最新版「NFS Maestro Solo 2007J」「NFS Maestro Client 2007J」を3月1日より販売すると発表した。

 NFS Maestroは、カナダHummingbirdの製品。Windows 2000、XP、Server 2003、x64 EditionなどからUNIXマシンのNFS上のファイルにアクセス可能とするNFSクライアントソフト。Windowsのエクスプローラに対応しており、NFS領域のファイルシステムをローカルドライブと同様の手順で参照できる。

 最新版は、Unicodeの完全対応、NFSv4接続でのシンボリックリンク作成機能、LIPKEY認証の対応といった機能強化を施した。ユーザーインターフェースの改善も行った。

 NFS Maestro Soloが基本的なクライアント機能を提供する製品であるのに対し、NFS Maestro Clientは保守用のツールなども同梱する。1ユーザー当たりの税込み価格は、NFS Maestro Soloが3万1290円、NFS Maestro Clientが5万6700円。サイトライセンスも用意する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]