編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

オタク市場脱出をねらうWindows Mobile--いまや女性もターゲット

藤本京子(編集部)

2007-03-07 21:17

 マイクロソフトは3月7日、「Windows Mobile」に関する記者セミナーを開催し、同OSを搭載した端末のビジネス状況などを説明した。

 Windows Mobile搭載の携帯電話端末として国内で最初に登場したのは、2005年12月に発売されたウィルコムの「W-ZERO3」シリーズだ。発売当初は売り切れ続出となるなど、大ヒットとなったこの製品だが、マイクロソフト モバイル&エンベデッドデバイス本部 部長の梅田成二氏は、「この頃にW-ZERO3を入手した人たちは、1人でPCを平均2.8台、携帯端末を平均2.2台持っている、オタクと呼ばれているような人たちが多かった。それが今では市場が少し広がり、一般のビジネスマンでも持つようになった」と話す。

梅田氏 Windows Mobile搭載端末市場について説明するマイクロソフトの梅田氏

 マイクロソフトは今回のセミナーに、IT業界とは縁のないアロマテラピー総合研究所代表の日下部知世子氏をスピーカーとして招き、Windows Mobileユーザーの幅が広がっていることをアピールした。ソフトバンクが3月16日に発売を予定している「X01HT」の新色ホワイトも、「女性にもX01HTを使ってもらいたいから」と、ソフトバンク マーケティング本部MD統括部 プロダクトマーケティング部 端末マーケティング部 課長代理の片桐正道氏。セミナー会場にて、ホワイトの実機を初披露した。

 マイクロソフトでは、2007年中にWindows Mobile搭載端末を10機種まで増やしたいとしている。

 マイクロソフトは、2月にスペインで開催された「3GSM World Congress」にて、Windows Mobileの次期バージョンとなる「Windows Mobile 6」を発表した。梅田氏は、「現行のWindows Mobile 5がアーリーアダプターをターゲットとしたものだとすると、6はモバイルインフォメーションワーカーとわれわれが呼んでいる人たちがターゲットとなる」という。Windows Mobile 6の日本での正式な発表日については、「対応製品が出るタイミングで発表したい。いつになるかは現在通信キャリアと調整中」(梅田氏)としている。

 現在のバージョンでは、英語版にあって日本語版にはない機能も存在するが、その理由について梅田氏は「日本の携帯端末は独自の技術を採用しており、グローバルで幅広く採用されている基準を優先させたため」と話す。ただし次期バージョンについては、「日本市場に対する優先度は今では高い。新バージョンではワールドワイドの機能と同等、もしくは日本特有の機能がつくこともあるだろう」としている。

X01HT 「X01HT」の新色ホワイト

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]