編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

セールスフォース、CRMサービスのアップデート版「Spring '07」を発表へ

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:大熊あつ子、福岡洋一

2007-03-19 20:40

 Salesforce.comが米国時間3月19日、同社の中核CRMソフトウェアの最新アップデート「Spring '07」を発表するとみられる。Spring '07の発表は、前回の更新版「Winter '07」から2カ月と経っていない。

 Spring '07の重要な特徴の1つが「Appspace」だ。Salesforceでコーポレートおよびプロダクトマーケティング担当シニアバイスプレジデントを務めるKendall Collins氏によると、Appspaceは、ユーザーがコンテンツや発想をウェブ上で共有し、共同で作業できるよう設計されているという。「MySpace」を企業向けにしたようなものだと同氏は説明する。Appspaceが目標とするのは、ユーザーが文書を共有するだけでなく、アプリケーションを共有スペースに追加できるようにし、複数のソースからのコンポーネントをマッシュアップする(組み合わせる)、複合型のソフトウェアの新たな使い方を生み出すことだ。

 Salesforceは2007年4月、Appspaceを限定リリースする計画だ。価格は、ログインユーザー200人につき月額995ドルとなる。Appspaceの一般リリースは、2007年中を予定しているが、Collins氏によると、限定リリース利用者の反応によって変更になる可能性もあるという。

 またSpring '07には、カスタマイズ可能な検索機能や新しいワークフローエンジンも組み込まれている。これにより企業幹部は、Salesforceのサービスにログインしているか否かにかかわらず、承認を発行できる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]