Skypeを標的にするトロイの木馬、再度出現

文:Joris Evers(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年03月26日 10時39分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Websense Security Labsは米国時間3月22日、「Skype」ユーザーが「Warezov」というトロイの木馬で再び狙われていることを警告した。

 今回の攻撃は、各種インスタントメッセージング(IM)アプリケーションをターゲットにするさまざまな脅威と似ている。Websenseは警告のなかで、ターゲットにされたSkypeユーザーには、「Check up this(検討して)」という文面のチャットメッセージが、ウェブサイト上で公開されている悪質な実行ファイル「file_01.exe」へのリンクとともに送信されてくる、と述べている。ユーザーがこのファイルを実行すると、複数のファイルが別にダウンロードされ、実行されるという。

 感染したコンピュータは攻撃者の思いどおりにされてしまい、被害者がSkypeで連絡を取っている相手に対してこのトロイの木馬がメッセージを送信し始め、感染を広げていくと、Websenseでは述べている。同セキュリティベンダーによると、今回の攻撃は2月に報告があった攻撃と似ているが、ファイルの公開場所が複数化し、コードも改変されているという。

 Skypeはこれまで、ほかの各種IMサービス同様に、自社のインスタントメッセージング機能も悪用される場合があることを認めてきた。同社は、Skypeクライアントに悪質なリンクを排除する機能を搭載すべくセキュリティベンダー各社と共同調査中であることを明らかにしている

 Skypeの最高セキュリティ責任者(CSO)、Kurt Sauer氏は24日、「有害なウイルスやトロイの木馬は、ユーザーの使用しているものがSkypeであれ、電子メールであれ、IMクライアントであれ、コンピュータに危害を加え、プライベートなデータを集めてしまう」と語っている。Skypeでは、悪質なファイルを開かないようユーザーに注意を呼びかけ、添付ファイルを開くときは全般的に注意するよう呼びかけている。受信ファイルはウイルス対策ソフトウェアを使ってチェックするよう推奨すると、Sauer氏は語っている。

 Warezov(別名「Stration」)は、9月頃には既に出現が確認されていた。また、亜種も複数登場している。これらは、Skypeのほか電子メールによるスパムでも感染を広げてきた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化