編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

iPod Linuxを標的とする初めてのウイルスが出現

文:Joris Evers(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2007-04-06 13:31

 ロシアのアンチウイルス企業Kaspersky Labは米国時間4月5日、「iPod」への感染を目的に設計された初めてのウイルスを発見したと発表した。「Podloso」と名づけられた同ウイルスの脅威度は現時点では深刻でないという。

 Kasperskyによると、このウイルスの対象となるのは、iPodに「Linux」がインストールされている場合のみだという。また、同ウイルスはユーザーが自らiPodにロードしない限り、感染しないという。「ユーザーによる操作が介在しない限り、Podlosoが起動することはない」と同社は述べた。

 一旦起動すると、PodlosoはiPodのハードディスクをスキャンし、すべての実行可能ファイルに感染する。Kasperskyによると、感染ファイルを起動しようとすると、「You are infected with Oslo the first iPodLinux Virus(お前は、初のiPodLinuxウイルス『Oslo』に感染している)」と表示されるという。

 Apple製のハードウェア上でWindowsを実行している場合のみを対象としたウイルスのことを、「Mac OS X」のウイルスと呼ぶのはおかしいように、これをiPodウイルスと呼ぶのはいささか奇妙と思われる。

 Kasperskyは、「Podlosoは、典型的な概念実証型ウイルスである。このようなウイルスは、ある特定のプラットフォームを感染することが可能であることを示すために作成される。Podlosoは悪質なペイロードを含まず、深刻な被害を及ぼすものではない。これは単にこのような機器に対し、悪意のあるプログラムを作成することが理論的に可能であることを示しているだけである」と述べた。

 ちなみに以前にも、iPodにウイルスが混入したことはあった。Appleは、「RavMonE」というWindowsウイルスを含むiPodを出荷したことがあった。このウイルスはiPodには感染しなかったが、iPodに接続されたWindows PCに感染する可能性のあるものであった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]