万川集海 第14回:井戸と水道--ストレージ統合のお話

東山雄一(日本IBM) 2007年04月19日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

占有? 共有?

 私事で恐縮だが、私の実家では井戸を使っている。それを非常に良いことのように思う人もいるだろうが、本当にそれが良いかというとなかなか判断が難しい。もちろん水道料金はかからないし、水は使い放題だ。塩素は入っていないし、ある意味おいしい水がいつでも手に入るのである。しかし社会的効率の観点ではどうだろうか。

 隣人宅からならそれほど遠くもないのでこの井戸を共有することも可能だが、2軒先、3軒先となると水の経路を用意するだけでもちょっと厄介で、結局必要に応じて別の井戸を掘ることになるだろう。しかし地下水は無限に流れているわけではなく、大勢で取り合ってしまえば水源の枯渇や、果てには地盤沈下といった事態が発生する。

井戸 占有の井戸か、共有の水道か、それが問題だ

 また、大雨の直後などは水が濁ってしまうこともあり、この場合は水を沸騰させずに飲むのは不衛生この上ない。そもそも水源が汚染される可能性もある。もちろん今ではポンプで水を汲み上げ、ろ過器を通して水を使用しているが、便利に安心して使おうとするとそれなりに費用が発生する。

 では、水道はどうか。一昔前なら特に都会の水道は臭く、まずいことで有名だった。しかし、最近では高度浄水施設の整備が進み、農薬などからくる化学物質や微生物も除去されるようになり、ペットボトルに詰められた水道水が売られるまでになってきた。複数の水源から水を引くことも可能だし、渇水に備えてダムに貯めた水を使うこともできる。水は水道にまとめてしまったほうがスッキリするし、各戸で井戸を掘るよりは社会インフラ運用の観点ではるかに効率的である。

まとめると安心でお得

 話の軸をコンピュータの世界に移そう。昔はストレージのサイズが小さかったこともあり、1台もしくは2台程度の大型メインフレームが、多数のストレージを占有して使っていた。当時はそれで大きな問題はなかった。田舎の空き地に工場が1つ建った場合、水道を引くのではなく地下水を汲み上げて利用するケースが多いのと同じだ。

 しかし、今は1つ1つのシステムが小規模で、それぞれが独立して使われていることが多くなった。最近はM&A(企業の買収や合併)や組織の統廃合、効率化などでシステムを統合したいという話も多くなってきたが、1種類のコンピュータしか使っていないならいざ知らず、1つの企業や組織の中で、Windows、Linux、UNIX、それにメインフレームだって使われているのだ。こうした環境を改善し、雑多で異なるサーバを少数のサーバで統合したいと思っても、いったいそんなお金や時間がどこにあるのだろうか。お金や時間があっても、困難であることには違いない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化