編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ミラポイント、メールアプライアンス向けディザスタリカバリ製品を5月発売

2007-04-17 18:04

 ミラポイントジャパンは4月17日、メールシステム向け災害復旧(DR)/事業継続(BC)製品「Mirapoint Remote Site Replication(RSR)」を発表した。5月中旬に販売を開始する。税別価格は241万5000円となる。

 RSRは、メールそのもののデータに加え、カレンダー情報、連絡先データなどを遠隔地に複製し、利用可能な状態で保護する。これにより、災害や障害が発生しても、短時間の停止でメールシステムを復旧できる。さらに、履歴データも保護できるため、コンプライアンス要件も満たせる。

 メールアプライアンス「Mirapoint Message Server M50」「同M500」「同M5000」に対し、追加機能として搭載できる。そのため、ミラポイントでは「DRを保証するための費用対効果に優れたソリューション」としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]