MySQLのミコスCEO、ついにIPO計画を語る

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年04月26日 08時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE カリフォルニア州サンタクララ発--MySQLが、株式公開企業になることを目指している。社名と同じ名称を冠するオープンソースデータベースを提供するMySQLは、2006年通年で5000万ドルの売り上げを計上している。

 MySQLの最高経営責任者(CEO)であるMarten Mickos氏は、新規株式公開(IPO)を実施する計画について「今もパイプラインに乗っている」と述べた。その一方で、同氏は実施時期については言及を避け、「計画は着々と進んでおり、必要な作業をすべて終わらせようとしている」と付け加えた。

 ドットコムバブルの時代には時折、利益も上がっていなければ、売り上げの見通しすら立っていないような企業までもがIPOを実施し、投資家たちから膨大な資金を集めていた。だがMySQLはまず、ビジネスを構築しようと考えている。

 Mickos氏は当地で開催中のMySQL Users Conference & Expoで取材に応じ、2006年通年の売り上げが5000万ドルだったことを明らかにしている。Mickos氏の過去の講演によれば、同社の2002年の売り上げは650万ドル、2005年のそれは3400万ドルだった。

 利益についてMickos氏は「具体的な目標を設けていない。ただ、お金に困っているという状況ではない。損益分岐点の少し上や少し下を行ったりきたりしている」と述べる。

 IPOの経験者たちはMickos氏に対し、「株式公開企業になるにはいろいろな苦労が伴うので、IPOの時期はできるだけ先に延ばしたほうがいい」と助言してきた。しかし、Mickos氏はIPOのメリットについて次のように述べる。

 「顧客の一部に見られる、ある障害が取り除かれる。保守的な企業のなかには、株式公開企業と取り引きしたいと考えているところがあるものだ。またIPOをすれば、買収に必要な資金を手に入れられる」(Mickos氏)

 MySQLはオープンソースソフトウェアの一大勢力となった。その勢力拡大の要因の1つとなったのが、人気の高い「LAMP」ソフトウェアスタックにとって不可欠な地位の確立だ。LAMPは多くのウェブサイトの運用に利用されており、「Linux」OS、「Apache」ウェブサーバ、MySQL、そしてウェブページを素早く制作できる「PHP」言語で構成される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化