編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

NEC、無線LAN対応のau携帯電話と連携可能な業務処理ソリューション

ニューズフロント

2007-05-17 16:05

 NECは5月17日、KDDIの無線LAN対応au携帯電話「E02SA」と連携可能なIP電話ソリューション製品「UNIVERGE "au"連携ソリューション」の販売を開始した。税別価格は357万円から。5月21日より出荷する。

 同ソリューションは、E02SAとSIP対応IP電話サーバ「UNIVERGE SV7000」を組み合わせ、各種機能を提供するもの。E02SAを社内では無線LAN内線電話として、社外では携帯電話として利用可能とする。オプションを導入すると、社内文書へのアクセスやグループウェア連携などの機能を実現できる。

 NECは、同ソリューション向けのオプション6種類を用意する。各オプションの概要、税別価格、出荷時期は以下の通り。

  • 「ケータイポータル」:社内電話帳や電子メール、スケジュール表の参照、外出先からの交通費精算や承認業務など。210万円から。2007年6月
  • 「モバイル文書閲覧」:社内サーバ上の文書を社外から閲覧。E02SA自体には文書データを残さない。325万円から。2007年5月21日
  • 「アクティブ電話帳」:社内電話帳とプレゼンス情報の確認。114万円から。2007年5月21日
  • 「名刺管理」:データベースで一元管理した名刺データの閲覧など。375万円から。2007年8月
  • 「StarOffice21連携」:社外からのグループウェア「StarOffice21」用電子電話帳、メール、スケジュール閲覧など。38万円から。2007年上期
  • 「Lotus Notes/Domino連携」:社外からのIBM製グループウェア「Lotus Notes」用アドレス帳、メール、データベース閲覧など。90万円から。2007年上期

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]