編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日本ラドウェア、アプリセキュリティ製品「DefensePro」新モデルを販売開始

CNET Japan Staff

2007-05-23 17:00

 日本ラドウェアは5月22日、アプリケーションセキュリティ製品「DefensePro」を機能強化した中小規模システム向けモデル「DefensePro-x02(DP-x02)」シリーズと、大規模システム向けモデル「DefensePro-x20(DP-x20)」シリーズの販売を開始した。初年度3億円の売り上げを目指す。

 新製品は、どちらも攻撃や侵入に対する防御をハードウェアベースで行うエンジン「SME(String Match Engine)」を搭載する。これにより、性能の劣化を防ぐとともに、攻撃パターンの自己学習を可能にした。

 新モデルでは、SIPサーバ、ソフトフォンなどのVoIPシステムをSIPプロトコル違反から保護し、シャットダウンやDoS攻撃、悪質な乗っ取りを防止することができる。また、IPv6に対応することで、IPv6プロトコルを使用したDoS攻撃防御などに対応する。

 DP-x02シリーズは、100Mbpsから500Mbpsまで、スループットの段階的なアップグレードが可能。DP-x20シリーズは、600Mbpsから3Gbpsまでに対応する。

 価格は、DP-x02シリーズがオープン、DP-x20シリーズが835万円から。5月に出荷する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]