全世界10都市でGoogle Developer Day開催--目玉は「Google Gears」の発表

文:Martin LaMonica(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年05月31日 09時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE Googleのエンジニアたちは、インターネットユーザーが長年待ち望んでいた技術を実現した。それは、オフラインでもウェブアプリケーションが使えるようにするというもの。

 Googleは米国時間5月30日、インターネットにPCがつながっているかどうかに関係なくウェブアプリケーションを稼働できるブラウザ用プラグイン「Google Gears」を発表した。

 同社は、全世界10都市で丸1日をかけて開催されたGoogle Developer Dayカンファレンスにおいて、Google Gearsを発表し、このソースコードを公開した。

 Google Gearsが作られた目的は、オフライン環境でもウェブアプリケーションを機能させるための、標準的な手法を確立することにあったと、GoogleのエンジニアリングディレクターLinus Upson氏は述べる。

 初期版のコードは、Ajaxスタイルのウェブアプリケーションを記述するJavaScript開発者を対象に公開される。Windows上のInternet Explorer、WindowsおよびMac OS、Linux上のFirefox、Mac OSのSafariに対応する。

 Googleでは、ユーザーが簡単に利用できるバージョンを数カ月以内に用意するとしている。こちらの容量1Mバイト以下になるという。またUpson氏によると、標準準拠のウェブブラウザがこの技術を搭載できるように、コードは標準化団体に提出される予定だという。

 「ウェブに新しい基礎技術が加わるのは久々である。10年ぶりなのではないだろうか」とUpson氏は言う。Ajaxの主要技術の1つとされる「XMLHttpRequest」が登場したのは1998年のことである。この技術が広く受け入れられるまでには何年もかかり、Google Mapsなどのアプリケーションの登場が普及に貢献した。

 Google製ホステッドウェブアプリケーションのユーザーから、ネットワークに未接続な状態で作業ができないという不満の声が上がっていたことから、同社では、オフラインアクセスをウェブブラウザで可能にする作業に取り組んだ、とUpson氏は述べた。

 「Gears開発の背景の一部には、Googleでは開発者らがブラウザでできることの限界を超えようとしている点がある。そのため、エンジニアらはより激しく、そして速く障壁に向かっている」と、同氏は述べる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化