「会議室の象」を働かすには--SOAがレガシーシステム有効活用の問題を解決する - (page 2)

文:Joe Gentry(CTO, Enterprise Transaction Systems, Software AG) 翻訳校正:大熊あつ子、小林理子 2007年06月12日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

ビジネスプロセスから始める

 SOAで前に進むことを決定したからといって、「全部かゼロか」と構える必要はない。実際SOAの場合、もっとも効果的な目標達成への道は徐々にステップを増やしていくことだ。SOA戦略を開始するにあたっての重要な点は、必要なビジネスプロセスのモデルを作ることだ。これによって、冗長性や改良すべき分野を分析し把握できるようになる。

イニシアティブをモデル化するプロセスでは通常、人とITシステムをビジネス戦略で連携させるテクノロジが必要となる。このようなテクノロジは一般に、ビジネスプロセス管理(Business Process Management:BPM)と呼ばれ、組織が実行可能なビジネスプロセスのモデルを作り、実行した結果を評価し、得られたデータを分析してプロセスを改善できるようにする。

 最適のプロセスが決定したら、そのあとは組織全体でそれを確実に実行することが重要となる。さらに、サービス品質保証契約(Service Level Agreements:SLA)を加えれば、特定のタスクを拡充して、確実に顧客を満足させることが可能となる。すべてのプロセスの実行状況をモニターすることで、改善を視覚的に捉え、プロセス状態に関して正確なフィードバックが得られる。

 特定のプロセスについてモデル作りが終了し、理解できたとして、次の作業は、そのプロセスに組み込むサービス、つまり特定の機能を定義することだ。ここで困難なのが、各サービスをどの程度きめ細かなものにするかの決定だろう。砂粒ほど繊細なものにするのか、それとも小石ぐらいの粗さにするのかということだ。

 サービスの繊細さを決める作業は、そのサービスが実行しようとするタスクに、どの程度の特殊性があるかを決定することにほかならない。あるサービスをさまざまなプロセスで再利用できる機会と必要条件が把握できれば、サービスの繊細さを決定するのに役立つ。

 SOAの利点は、きめの粗いサービスをひとつ構築することで、複数のきめ細かなサービスを活用できるところにある。BPMツールは、あるプロセスで利用されるすべてのサービスの定義づけを支援する。

象をガゼルに変える--サービス化

 ビジネスプロセスのモデルを作り、理解し、次に各プロセスを構成するサービスを定義づけしたら、既存のアプリケーションを再利用するのか、それとも1から新しい機能を作り上げるのかを決定しなければならない。

 ここで、本稿の最も重要な点になるが、いいニュースがある。新たなビジネス上の課題に早急に対応するために必要な機能の多くは、おそらく、企業のレガシーシステムのプログラムのなかにすでにあるのだ。

 つまり、ビジネスの中枢にあるレガシーシステムを分解して、SOAの情報「貯蔵庫」として情報を引き出せるものに変えることによって、これまでに投じた莫大な投資を活用できるということだ。このプロセスはサービス化と言われる。

 サービス化には、いくつかの補完的な手法がある。きちんと構造化された高性能が要求されるアプリケーションに最適なもの。あるいは、昔退社したプログラマーが残していった説明文書のない「スパゲッティコード」に代表される、誰も理解できないアプリケーションといったものに対処するのに最適なもの。さらには、SAPなどのパッケージ化されたソフトウェアアプリケーション専用に設計されているものもある。

 ビジネスプロセスを分析して最適化し、既存のレガシーシステムが有効に活用できるようになっても、ビジネス上さらに何らかの機能が必要になってくることはよくある。したがって、開発者が迅速に新たなビジネス機能を設計できるよう、非常に生産性の高いサービス指向の開発環境が必要となる。

 スピードとクオリティは、アプリケーション設計における2つの不可欠な側面だが、相いれないことも多いため、新しい開発環境はこの両方の要素を考慮に入れなければならない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]