KCCS、統合型検疫アプライアンス「Lockdown Enforcer」の最新版を提供

CNET Japan Staff

2007-06-29 09:45

 京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は6月28日、米Lockdown Networksの統合型検疫アプライアンス「Lockdown Enforcer(ロックダウン エンフォーサ)」の新版4.5の提供を開始した。

 Lockdown Enforcerは、既存のネットワーク資源をそのまま利用したポリシーエンフォースメントを実現するNAC(ネットワークアクセスコントロール)方式の統合型検疫アプライアンス。

 今回の新版では、Network Access Protection(NAP)との連携や、NAP非対応デバイスに対するNAPで定義されたポリシーの適用を可能にした。

 また、従来のポリシー制御に加え、IDS・IPSとの連携も実現。ネットワーク接続後のウイルス感染の検知・隔離など、より包括的なセキュリティソリューションとして活用できるという。

 なお、システム連携にはsyslogを利用しているため、特定の機器に依存せず、追加機器の購入も不要だ。

 今後1年間で2億円の売り上げを目指す。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]