編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

フォトレポート:グーグルを影で支えるセキュリティチーム

CNET News.com Staff

2007-07-05 16:00

 いわゆるWeb 2.0テクノロジではオンラインセキュリティに対して難問を投げかける状況となっており、Douglas Merrill氏はGoogleのエンジニアリング部門バイスプレジデントとして、デジタル時代においては正念場となる今、その最前線に立っている。Merrill氏が率いるGoogleセキュリティチームは総勢約50名。ウェブアプリケーションの安全性を確保するのも彼の職責の1つである。Merrill氏は「面白くてわくわくするような、高度な双方向性を備えた新しいウェブアプリケーションに誰かが侵入できる可能性については、我々はまだその全体像を把握していない」と言う。「我々は新しい科学技術の最前線にいると確信している。全社一丸となって、ウェブセキュリティにもう一度正面から取り組む必要がある」とも述べている。
 いわゆるWeb 2.0テクノロジではオンラインセキュリティに対して難問を投げかける状況となっており、Douglas Merrill氏はGoogleのエンジニアリング部門バイスプレジデントとして、デジタル時代においては正念場となる今、その最前線に立っている。Merrill氏が率いるGoogleセキュリティチームは総勢約50名。ウェブアプリケーションの安全性を確保するのも彼の職責の1つである。Merrill氏は「面白くてわくわくするような、高度な双方向性を備えた新しいウェブアプリケーションに誰かが侵入できる可能性については、我々はまだその全体像を把握していない」と言う。「我々は新しい科学技術の最前線にいると確信している。全社一丸となって、ウェブセキュリティにもう一度正面から取り組む必要がある」とも述べている。

 いわゆるWeb 2.0テクノロジではオンラインセキュリティに対して難問を投げかける状況となっており、Douglas Merrill氏はGoogleのエンジニアリング部門バイスプレジデントとして、デジタル時代においては正念場となる今、その最前線に立っている。Merrill氏が率いるGoogleセキュリティチームは総勢約50名。ウェブアプリケーションの安全性を確保するのも彼の職責の1つである。Merrill氏は「面白くてわくわくするような、高度な双方向性を備えた新しいウェブアプリケーションに誰かが侵入できる可能性については、我々はまだその全体像を把握していない」と言う。「我々は新しい科学技術の最前線にいると確信している。全社一丸となって、ウェブセキュリティにもう一度正面から取り組む必要がある」とも述べている。

提供:Joris Evers/CNET News.com

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]