編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

「日本の“BSM元年”に」--BMCソフトウェアが2008年度の戦略を発表

柴田克己(編集部)

2007-07-10 20:18

 BMCソフトウェアは7月9日、2008年度の戦略発表を行った。代表取締役社長の生駒芳樹氏は、米国で2004年より提唱しているITサービス関連ソリューション「BSM(ビジネス・サービス・マネジメント)」を本格的に日本市場に導入することにより「今年度を日本のBSM元年にする」と語った。

 BMCの提唱するBSMとは、企業におけるビジネスプロセスとITインフラとの連携を可視化することにより、ITサービスの可用性の向上、ビジネスの機会損失の最小化、ITインフラの運用コストの軽減を実現するソリューション戦略。ITILのフレームワークを実装し、ITをビジネスの観点で管理することにより、ビジネスの優先順位に応じた最適なITサービスを提供することが可能になるとする。

 同社では、BSMのターゲットをIT成熟度の高い企業、ISO20000規格取得を目指す企業、金融商品取引法(J-SOX法)で規定されているIT全般統制への対応意識の高い企業などに定め、日本における市場規模を約700社と推測している。

 販売戦略として、パートナーとの連携強化、新規パートナーの継続的開拓に加え、BSM推進を専門とするコアチームの発足を挙げた。BSMコアチームは、ビジネスコンサルタントを中心に構成され、パートナーとの協業による対象顧客へのプリセールス活動、導入支援などを行っていく。現状では数名規模だが、早期に10名規模の組織への拡大を行う計画だ。

 「BMCソフトウェアは日本においても、ITサービス管理の領域においてBSMを啓蒙し、ITサービス管理市場を確立し、そのリーダーとなる」(生駒氏)

 BSM推進戦略に合わせ、同社では7月10日より「BMC Topology Discovery」と「BMC Service Impact Manager」の2製品を出荷する。いずれもBSMにおいて重要な役割を果たす製品と位置づけられている。

 BMC Topology Discoveryは、エージェントレス型のディスカバリソリューション。企業内にあるITインフラの構成要素を、物理資産(サーバ、スイッチ、ルータ、ハブなど)、論理資産(システム、アプリケーションサービスなど)、ネットワークおよびソフトウェア構成、ユーザー、依存関係を判別し、そのトポロジーを自動生成する。これらの情報を格納する構成管理データベース(CMDB)と連携し、Service Impact Managerへと渡す役割を果たす。

 BMC Service Impact Managerは、ビジネスとITコンポーネントとの関連性をリアルタイムで管理可能な、サービスインパクト管理ソリューション。経営層やIT管理職、サービスデスク担当者を対象としたモジュールで、あるITコンポーネントに問題が発生した場合に、そのこコンポーネントとビジネスとの関連性をツリー構成で表示し、トラブルの原因を即座に特定できる。システム構成とITイベントとの関連づけを行うことにより、ITイベントがビジネスに与える影響度と緊急度を把握できる。システム障害が発生した際に、ビジネス上の優先順位が高いものを判断し、原因追跡や復旧をサポートするという。

BMC Service Impact Manager 「BMC Service Impact Manager」の画面イメージ。ITコンポーネントとビジネスプロセスとの関連性をツリー表示でき、ITイベントがビジネスに与える影響をグラフィカルに把握できる。

 価格は、BMC Topology Discover for Business Processが330万4000円より。メインフレーム向けの同for z/OSが47万2000円より。BMC Service Impact Managerが1534万円より。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]