編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

HTTP上の非同期メッセージサポート:Apacheの新プロジェクトへ

荒浪一城

2007-07-10 22:00

Tomcat Bayeux」プロジェクトが、Apache TomcatコミッターのFilip Hanik氏によって提案された。Apache Software Foundation Tomcatプロジェクトのサンドボックスプロジェクトとして開発が進められることになる。

Tomcat Bayeuxは、The Dojo Foundationが定める「Bayeux Protocol」に基づいてCometの一部として実装される。Bayeux APIは、Apache Tomcatと同じくJSP/ServletコンテナであるJetty6のJavadocである「dojox.cometd」パッケージにも見ることができる。

Bayeux Protocolは、クライアントの間のルーティングイベントのためのHTTPに基づくプロトコルで、すべての関係者の間の非同期なメッセージングを許容するために、HTTPのクライアントとサーバーモデルの本質的な問題を克服するように設計されている。Filip Hanik氏よれば、Bayeux APIとStringTree JSONパーサーに依存する。

今後のロードマップとしては、「StringTree JSONパーサーの拡張」と「BayeuxServlet」が挙げられている。StringTree JSONパーサーの拡張とは、読み込みのためのInputStreamと、書き込みのためのOutputStreamのサポートの追加である。また、BayeuxServlet とはCometProcessorの実装である。

プロトコルの名称は、そのロゴと名称からBayeux (バイユー)と呼ぶ。フランスの地名であり、フランス国宝である「Bayeux Tapestry(バイユーのタペストリー)」がその由来となっている。ウィキペディアWikipediaによれば、「ノルマンディのバイユー大聖堂に保管されていた縦50cm、横70mの巨大なタペストリー(つづれ織り)で、1066年のノルマン・コンクエストにおけるヘースティングスの戦いまでの物語が刺繍されている」とのこと。

Tomcat Bayeuxは、既に一部ソースコードがSVNリポジトリにコミットされており、参照することができる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]