編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

次期Java Servletの仕様策定へ:Webアプリの開発を簡単に

荒浪一城

2007-06-22 20:46

 Java Servletの次期仕様である「Java Servlet 3.0」がJCP(Java Community Process)に提出された。

 JCPはJavaの標準仕様を決める組織。各仕様はJava Specification Request(JSR)と呼ばれ、番号が割り振られる。Java Servlet 3.0はJSR 315となる。今回のJava Servlet 3.0の仕様は、Java EE 6のリリースに間に合うようにゴールが設定されている。

 Java Servlet 3.0ではひとつのアプリケーションの中でWebフレームワークのシームレスな入れ替えが可能になる「Webフレームワークのプラグイン化」が実現される。

 Webフレームワークのプラグイン化では、Servlet、Listener、そしてFilterといった箇所にアノテーションを定義することが可能となるようにし、web.xmlへのプログラムからのアクセスによってWebアプリケーションの設定を動的に変更可能とする。これにより、Webアプリケーションへシームレスに異なったWebフレームワークを提供可能にする。

 また、開発を容易にするためのアノテーションによる宣言型プログラミングや設定ファイルの省略、そしてAjaxとCometなどのサポートも実現される。Cometは、GrizzlyTomcat、そしてJettyなどがサポートしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]