わざわざUnix等を使用する利点とは??

OKWave 2007年07月31日 13時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
わざわざUnix等を使用する利点とは??

近年、企業等のシステム開発でOSとしてUNIXやLinuxを使用する所が増えてきているそうですが、その利点とはどんなことがあるのでしょうか?

Windowsと違って無料ということはわかりますが、それ以外に利点はあるのでしょうか?
(個人的にはなぜ扱い易いWindowsを使わないのか疑問なのですが・・)

それとUNIXとLinuxってどういう違いがあるんですか?
もしかしてUNIXというのは、Linux、Solarist等の総称でしょうか??

良回答

企業でサーバとして使うことを想定してるんですよね?

Windowsが使いやすいというのはクライアント端末の話であって、サーバで使う場合には操作方法はさほど関係ありません。(一度設定すれば滅多に触りませんから)

Linux、Unixの利点ですが
・Windowsよりシステムの安定性がある(性能面)
・Windowsより攻撃されにくい(安全面)
・CAL(Client Access License)がいらない(経済面)

<性能面>
安定性に関してはWindowsのサーバOS(Windows Server 2003等)ならまだましですが、それでもUnix、Linuxのほうが上でしょう。
またサーバ分野に限っては昔からUnixやLinuxが普及していたため、Windowsよりも実績があります。

<安全面>
Windows向けのウィルスなども多く出回っているため、UnixやLinuxのほうが安心できます。
以前価格.comのサイトがアタックされて話題になりましたが、実はこの際とはWindowsで構築されてました。
Windowsだから攻撃を受けたのでは?という話も出回りました。

<経済面>
Linuxは無料という話もありましたが、有料のOSだってあります。(現在のRedhatは有料です)
導入時のOSの価格よりも重要なのがWindowsのCALです。
Windowsサーバはサーバにアクセスする人数分だけライセンスを購入する必要があります。
たとえばサーバ1台でクライアントが100台あったとしたら
・サーバライセンス×100
・クライアントPCのライセンス×100
これだけのライセンスが必要になり、非常にコストがかかります。
それに引き換えUnixやLinuxではそのような概念がないので非常に安いです。

>それとUNIXとLinuxってどういう違いがあるんですか?

もともとはUnixだったのが、途中から2つにわかれました。それがLinuxです。

回答

>近年、企業等のシステム開発でOSとしてUNIXやLinuxを使用する所が増えてきているそうですが、 >その利点とはどんなことがあるのでしょうか? Windowsとは違って、すべて『文字』だけで操作できるからです。 …というのは、マウス操作(GUI)だと、設定した内容を確認するのに、プロパティからひとつずつ未定かなければなりませんが、コマンド(文字)だと、すべて一覧にできます。 実行したことをファイルに出力できたりするので、便利です。 また、コマンド操作(CUI)なので、動作が非常に軽く、プログラムも同時に実行できて、複数のユーザが同時にログインできるマルチユーザーモードも使えます。

>個人的にはなぜ扱い易いWindowsを使わないのか疑問なのですが・・ システムを管理しているサーバーにとっては、マウス操作よりコマンド操作のほうが使いやすいワケです。

>それとUNIXとLinuxってどういう違いがあるんですか? >もしかしてUNIXというのは、Linux、Solarist等の総称でしょうか?? まず、企業用として高く売られていたUNIXがあります。コマンド操作でマジで使いやすくて、一般の方が使いたいといっても、値段が高いし、普通に手に入る者ではありませんでした。 そして、教育用として機能が制限されたMINIXというものが誕生しました。UNIXにそっくりで、同じく使いやすい者でした。それでも、一般に使えませんでした。 フィンランドのLinusさんが、便利なMINIXと同じような便利な新しいOSを作ろうと立ち上がりました。 MINIX+Linux で Linux というワケです。 ただし、Linusさんが作ったものは、OSの中心部である『カーネル』だけで、それ以外はまったく作っていませんでした。 現在はそのほかのソフトなども入っていますが、これはLinuxカーネルのユーザーが好意で作ってくれたものです。

正直、Linuxでは動作しないプリンタやLANカードもあるのですが、それに対応させるプログラムをユーザーが作って、みんなに公開する。ソフトウェアも同じで、この繰り返しで現在の『便利な』Linuxがあるわけです。 『何とかならないのか』を『何とかする』のも、Linuxの楽しみでもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化