編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

ウイングアーク、XPS形式対応の業務帳票を出力する生成エンジンを出荷

吉澤亨史

2007-08-06 20:20

 ウイングアークは8月6日、業務帳票出力の生成エンジン「SVF for XPS」の出荷を同日より開始したと発表した

 XPSファイル形式は、これからのシンクライアントによる運用や汎用的な印刷環境、セキュリティ強化、効率的な文書管理を可能にする次世代の電子ドキュメントフォーマットとして注目されているもので、Windows Vistaにも実装されている。

 SVF for XPSは、帳票開発ツール「Super Visual Formade設計部」あるいは「SVFX-Designer」から出力された帳票データを受け取り、XPSファイル形式の帳票データを生成するエンジン。これによって、クライアント環境でもブラウザだけで文書を閲覧でき、また内部統制強化、情報漏えいを抑止するため、クライアントパソコンにデータが保持されない運用を可能にし、セキュリティを強化できる。

 また、生成するXPS文書をシームレスに文書管理ツールと連携し、文書の有効活用を実現できる。ウイングアーク テクノロジーズでは、今後もXPS対応の各種帳票ソリューションを推進していくとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]