富士通、米国のデータセンターに水素燃料電池を導入

文:Michael Kanellos(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年08月20日 19時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カリフォルニア州サニーベール発--水素は想像以上に優れたエネルギー源だ、と富士通は言う。

 富士通は米国時間8月17日、当地にあるキャンパス内の複数の施設に、United Technologies Corporation(UTC)製の出力200キロワットの水素燃料電池を導入した。この燃料電池は、各施設に電力だけでなく熱も供給する。

 この燃料電池は、駐車場内に設置され、一見、緑の大型ゴミ収集箱が2つ並んでいるように見える。この電池は、富士通の施設に2種類のエネルギーを供給する。まず1つは電気だ。この燃料電池の発電の仕組みは、まずメタンを蒸気で熱し、水素を生成する。そして、この水素がプロトン交換膜(PEM)を通過する。水素とプロトン交換膜との反応によって発生する電気が、照明やコンピュータといった施設内の装置や設備の動力となる。

 そして2つ目が熱だ。メタンと水素の反応によって生成される熱水が施設内を循環する。PEM装置からは、さらに多くの廃熱の回収が可能だが、熱湯の温度が富士通の内部システムには熱すぎるため、現在は外部に放出されている。しかし、いずれその熱湯を施設内に送り込むためのパイプが設置される可能性はある。

 UTCの販売担当バイスプレジデントHomer Purcell氏によると、水素を生成する際に二酸化炭素が放出されるが、燃料電池を使用した場合の温室効果ガスの排出量は全体でおよそ35%少ないという。1年間で、およそ500トンの二酸化炭素排出量を削減できる計算だ。またPurcell氏によると、この水素燃料電池の使用により、年間およそ80万ガロン(303万リットル)の水の節約になるという。従来の発電所では、さらに多くの水を必要とする。

 工業規模の燃料電池が十分な効果を発揮する状況は多くはない。「(この燃料電池は)週5日、午前9時から午後5時まで使用される施設には向かないだろう」とPurcell氏は語る。「なぜなら、(燃料電池は)24時間365日、常に稼動させておく必要があるからだ」(同氏)

画像の説明
駐車場内に設置された燃料電池は一見、緑の大型ゴミ収集箱が2つ並んでいるように見える。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化