編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

アドビ、オフィス製品分野への進出を検討中か

文:Matt Asay(CNET News.com)
翻訳校正:株式会社ラテックス・インターナショナル

2007-08-23 08:00

 「WIRED」は、Adobe SystemsがMicrosoft Officeの競合製品を発売する可能性があるとの観測を示している。たとえそれが事実だとしても別に驚くことではなく(ただし私はこの記事の推測は根拠に乏しいと思うが)、実際にそれを成功させられる企業があるとすれば、やはりAdobeだろう。

 唯一それに優る選択肢があるとすれば、それはAdobe、Apple、OpenOfficeが手を組むことだ。オープンソースに業界で最も革新的なソフトウェア企業の2社が加われば……まさに垂涎である(実際のところ、社風や力量が似通っていることを考えると、AppleがAdobeを買収するというのは決して突飛な発想ではないと思う)。

 以下が記事からの引用である。

 FlashやPhotoshopで知られるAdobeは、オフィスアプリケーションの潤沢な市場に進出する態勢が整っている。一見、いかにも唐突に思えるかもしれないが、Adobeがオフィス製品分野で力量を発揮するための条件はそろっている。同社はすでにAcrobat製品群によってビジネスソフトウェア分野で強力な存在感を示しており、デスクトップで動作するウェブ対応アプリケーションのための新しいプラットフォームに対する関心も急速に高まっている。

 Adobeでプラットフォームエバンジェリズムを担当するグループマネージャーのMike Downey氏によると、同社がオフィス製品分野に名乗りを上げるだろうと予測するのは決して奇抜ではないという。

 「オフィス生産性ソフトウェア市場に進出する意向については正式にはまだ何も発表していないが、当社がデスクトップとブラウザの両方で動作するリッチなアプリケーションの構築を容易にするプラットフォームを完成させたことを考えると、そのような可能性を否定するつもりはまったくない」とDowney氏は語っている。

 可能性なら私も否定はしない。

 デスクトップのパフォーマンスと使い勝手の良さにウェブを統合すると、どれほどのパワーと応用範囲の広がりが得られるか考えてみて欲しい。私はAdobeのApolloを試用しているが、これは魅力的かつパワフルで非常に洗練されていると感じる。私はデスクトップに取って代わるWeb専用のアプリケーションの大ファンではないが、このようなデスクトップとウェブを統合したアプリケーションは非常に魅力的だと思う。Adobeはこの新しい分野で主役になれる有利なポジションにある。Microsoftも非常に懸念しているに違いないだろう。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したも のです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]