Benchmarkが「Ruby on Rails」のサポート企業に投資した事実から何が学べるか

文:Matt Asay(Special to CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル 2008年01月23日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 先ごろ、Benchmarkは「Ruby on Rails」アプリケーションの商用サポートを提供しているEngine Yardに350万ドルを投資したと発表した。Engine Yardは年間売上高が300万ドルの事業を展開しており、成長を続けている。また利益も上げている。したがって今回の投資は必要なかった。

 しかし、この投資は非常に印象的である。世界有数のベンチャーキャピタル企業の1つがサポートモデルを支援するために現金を投資することの意義は大きい。その企業(またはその投資家ら)がかつてJBoss、MySQL、SpringSource(旧Interface21)などのサポートを主体としたオープンソース企業に投資した経歴を持っていることを考えるとなおさら意義深い。

 これはすなわち、業界のその他すべての企業が無視することを決め込んだように見える何かをBenchmarkが知っていることを意味するのかもしれない。つまり、サービスを主体とした事業が将来ソフトウェア産業の中心になるかもしれないということだ。

 金をもうける唯一の方法は知的財産を厳重に保護し、それに対するアクセスに課金することだと信じている人にとって、Benchmarkがまったく異なるビジネスの発想法とモデルで成功している事実は大いに参考になる。成功企業とは、豊富性の中に存在する希少性を発見する企業である。Engine Yardにとってそれは単純なことだった。

Engine Yardは2006年前半に創設されたが、その理由は正真正銘のニーズが存在することを見いだしたからである。顧客はビジネスクリティカルなRailsアプリケーションを開発していたが、導入の諸問題に煩わされたくなかったし、サーバを管理するためにITスタッフを雇いたくもなかった。顧客は優れたインフラストラクチャに加えてRailsに特化した週7日/1日24時間対応のサポートを望んでいたし、さらに100ユーザーから10万ユーザーへのスムーズなパスも必要としていた。

 顧客はプロプライエタリなソフトウェアは望んでいなかったようだ。事実、Ruby on Railsに移行した多くの顧客は、むしろかなりの度合いでその逆を望んでいた。しかし、それは彼らがすべてのものが無償で手に入ると期待していたという意味ではない。Engine Yardにとってチャンスがあるとすれば、Ruby on Railsを採用して成功するために必要なサービスが何であるかを見つけることである。Googleは、ウェブ上に膨大な量の情報が存在することから、ウェブという干し草の山から針を探すのを手伝ってやれば人々は(広告を通じて)金を払うということを見いだした。それではEngine Yardは何を見いだすのだろうか。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
OS

連載

CIO
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]