編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

Cisco製品に複数の脆弱性

原井彰弘

2007-08-31 18:49

 30日(現地時間)、デンマークのSecuniaは、シスコシステムズのCisco Unified CallManagerバージョン3.x、4.xと、Cisco Unified Communications Managerバージョン4.xに、複数の脆弱性が存在することを発表した。

 今回発表された脆弱性は2つ。危険度は5段階の中間に位置する「Moderately critical」。悪意を持ったユーザからクロスサイトスクリプティングやSQLインジェクションの攻撃を受ける可能性がある。詳細は次の通り。

  • ログオンページに渡されたパラメータが正しくサニタイズされないため、ユーザのセッション中で任意のHTMLやスクリプトを実行できる。
  • ログオンページに渡されたパラメータが正しくサニタイズされないため、SQLのクエリ中に任意のSQLをインジェクトできる可能性がある。

 これらの脆弱性は、3.3(5)sr2b、4.1(3)sr5、4.2(3)sr2、4.3(1)sr1以前のバージョンに存在する。利用者は、至急これらのバージョンにアップデートされたい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]