編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

Windows Home Server搭載ハードウェアの発売が遅れている理由

文:Rich Brown(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル

2007-09-03 15:48

 前回、われわれがWindows Home Serverについて報じたときは、ハードウェアメーカーに対するリリースであり、その後間もなくWindows Home Serverを搭載したサーバが一般に発売されるものと思われた。 Microsoft公式の Home Serverブログには、Hewlett-Packard(HP)のMediaSmart Serverがまだ発売されていない理由についてMicrosoft側の言い分が述べられている。次にブログから引用しよう。

 当社では初回のリリース以来、同製品をさらに良いものにするためのいくつかの方法を見つけました。ほとんどのMicrosoft製品と同様に、Windows Home Serverのアップデートも同製品のライフサイクル全般にわたって自動で入手できますが、WHSチームは9月のアップデート公開を目指して作業を続けています。今回のアップデートによって、ホームサーバソリューションのユーザビリティが強化され、購入してすぐに使えるようになります。そして、ユーザーコミュニティー、ハードウェアパートナー、ソフトウェアパートナーからのフィードバックに応じて、製品の寿命が終了するまで追加のアップデートを実施していきます。当社の現在の計画では、今回のアップデートを9月の月例のWindows Updatesプロセスの一環として公表する予定です。

 HPは、これらの初回のソフトウェアアップデートを同社のMediaSmart Serverに反映させることを決定しました。HPとMicrosoftはこれらのアップデートが購入を検討されているユーザーにとって最大の利益になると信じていますし、購入してすぐに使える製品になるように努力していきます。アップデートのWindows Updatesへの掲載が完了したら、Windows Home Serverのすべてのパートナーとユーザーはこれを自動的に受信することができます。

 この記事はMedion、Gateway、La Cie、Velocity Microといった他のハードウェアパートナーについては言及していない。彼らはいずれも、既知の問題を抱えたまま出荷した場合の影響を勘案して、それでも他社の売り上げを鈍化させるために最初に製品を販売するべきかどうかを熟慮しているのだと思う。具体的な問題についてユーザーに説明したいと考えているメーカーはあるのだろうか。Windows Home Serverのベータ版をいくつか試してみたところ結果はまずまずだったが、われわれのテストベッドは10万台のユニットを動作させる能力はない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]