編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

仮想化環境で動くバーチャルアプライアンスとは、そしてその標準化とは?

藤本京子(編集部)

2007-09-13 14:19

 「バーチャルアプライアンスは、ソフトウェアの新しい販売方法となる。これは現在非常に注目されており、アプライアンスのフォーマットの標準化の動きも進んでいる」。VMware プロダクトマネジメント兼マーケットデベロップメント ディレクターのSrinivas Krishnamurti氏は9月12日、米サンフランシスコにて開催中の仮想化イベント「VMworld 2007」のプレス向けセッションにて、バーチャルアプライアンスについて語った。

 「アプライアンス」という名前がついているものの、この場合のアプライアンスはハードウェアではない。仮想的なアプライアンスという名前が示す通り、仮想インフラの上に搭載される仮想マシンの環境をパッケージ化したソフトウェアと言っていいだろう。

Krishnamurti氏 VMware プロダクトマネジメント兼マーケットデベロップメント ディレクターのSrinivas Krishnamurti氏

 バーチャルアプライアンスには、OSや必要なソフトウェアがすでに仮想マシン上に「インストール」されており、設定も済ませてある。つまり、必要な機能が搭載されたハードウェアアプライアンスを購入するのと同じ感覚で購入できる。ユーザーは、「VMware ESX Server」などが搭載された仮想インフラの上にバーチャルアプライアンスをコピーするだけで、すぐに仮想マシンが利用できるのだ。

 「仮想インフラがベースとなっているため、ハードウェアの違いに対するOSやソフトウェアの設定は必要がない。ISVはすべての環境でテストを行う必要がなくなるのだ。ユーザーはバーチャルアプライアンスをダウンロードして仮想インフラにコピーすれば、すぐにソフトウェアを使うことができる。Microsoft Officeが搭載されたWindowsマシンを購入するのと似ている」(Krishnamurti氏)

 すでに、BEA SystemsやBusiness Objects、IBMなどがバーチャルアプライアンス製品を提供している。また、VMwareではバーチャルアプライアンスを提供する場として「Virtual Appliance Marketplace」を2006年に開設しており、ここでさまざまなバーチャルアプライアンスが入手できる。

 これまでバーチャルアプライアンスを提供するISVは、VMwareの仮想インフラに対応したアプライアンスのみ用意していたが、これを例えばXenなど他の仮想プラットフォーム上でも動作させるべく標準化に向けた動きもある。それが、11日にシステム管理の標準化団体Distributed Management Task Force(DMTF)が発表した「Open Virtual Machine Format(OVF)」と呼ばれるフォーマットだ(関連記事)。

 VMwareでは今後、VMwareの仮想インフラ向けに作られたバーチャルアプライアンスを、OVF対応に変換できるツールを提供する予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]