編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

IPOによる追い風でサーバ仮想化市場を牽引するVMware--仮想化技術をひも解く(8)

谷川耕一

2007-08-29 08:00

 さまざまな見方や数え方はあるが、現在のところサーバ仮想化ソフトウェア領域において、VMwareの市場シェアは間違いなくトップであろう。VMwareの顧客数は、すでに2万を超えている。1998年に創業し、2004年にストレージベンダーのリーダー企業EMCに買収され同社の100%子会社となる。そして2007年8月、VMwareはニューヨーク証券取引所で株式公開(IPO)を果たした。

 VMwareは、創業からしばらくは、おもにIT技術者から趣味や実験的に利用するサーバ仮想化ソフトウェアのベンダーとして認知された。そして、EMCによる買収後、徐々に商用の製品やサービスの色が濃くなってきたといえる。

 とはいえ、これまでにVMwareを認知していたのは、ほとんどがITに関連する仕事を生業にしている人々であり、一般人がVMwareとは何かを理解していたわけではない。IPOによってVMwareという企業名を、そしてサーバ仮想化というソリューションを、IT業界以外にも知らしめることになりそうだ。今回は、急激に認知度を高めているサーバ仮想化ソフトウェアのリーダー、VMwareをひも解いていく。

完全仮想化を早くから実現

 VMwareの特長は、完全なハードウェアのエミュレーションを実現する「完全仮想化」を実現していることだ。ホストOS上で動く仮想化ソフトウェアを先行して提供したのはもちろん、2001年にはホストOSのいらないハイパーバイザー型の「VMware ESX Server」が早くもラインアップされている。

 完全仮想化では、ソフトウェアによってハードウェアを完全に模倣するので、仮想マシン上で動かすゲストOSには基本的に制限がない。正式にサポートされるかどうかは別だが、IAサーバで動くx86、x64のアーキテクチャをサポートする多くのOSが、VMwareの仮想マシン上で動作する。逆に、ゲストOSからハードウェア上の各種デバイスに対しては、常にVMwareによってエミューレートされた仮想デバイスを通してアクセスすることになるため、パフォーマンス的に不利となることもある。

 2007年5月に提供開始した「VMware Workstation 6」では、準仮想化された(準仮想化環境で動くように修正され最適化されている)「Linux 2.6.20」にも対応している。これにより、オープンソースの仮想化システム「Xen 3.0」と同様の方法で仮想化が実現できるようになり、Linuxカーネルがサポートするデバイスへのアクセスが高速化することになる。つまりVMwareでは、完全仮想化において幅広いゲストOSに対応し、準仮想化において高い性能を実現することになる。

無償版からデータセンター向けまで

 VMwareのもう1つの特長は、製品ラインナップが豊富なことだ。手軽にサーバ仮想化を体験できる無償の「VMware Player」と「VMware Server」、ホストOSタイプの商用製品となる「VMware Workstation」、ハイパーバイザー型のエンタープライズ向け「VMware ESX Server」、Intel製CPUを搭載したMacintoshシリーズ向けの「VMware Fusion」がある。

 これらに加え、さまざまな仮想環境管理ツールや仮想環境への移行をサポートするツールなどもある。例えば、ハイパーバイザー型仮想化ソフトVMware ESX Serverや、管理ツールの「VMware VirtualCenter」などをパッケージ化し、データセンター向けに「VMware Infrastructure」を提供している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]