オープンソース仮想化ソフト「Xen」とXenSourceの行方を探る--仮想化技術をひも解く(7)

谷川耕一 2007年08月22日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ここ最近のサーバの仮想化ブームを強力に後押ししたのは、仮想化ソフトウェアである「Xen」がオープンソースで登場したことであろう。もちろん今ではVMwareやMicrosoftも仮想化ソフトウェアを無償で提供しているので、手軽にサーバの仮想化を試すことはできる。しかし、それらはホストOS上で、1つのアプリケーションとして動く仮想化技術でしかない。つまり、ハイパーバイザー型の仮想環境が無償で利用できるXenの登場は、かなり画期的なことになる。今回は、このXenと、Xenをエンタープライズ用途で安心かつ容易に利用できるよう推進する同ソフトのディストリビューター、XenSourceの活動をひも解いてみたい。

本格的なハイパーバイザー型仮想化環境

 前回、Microsoftの次期サーバOS「Windows Server 2008」で提供される「Windows Virtualization」は、Xenに似たハイパーバイザー型の仮想化技術だと説明した。その理由は、Xenでは仮想化環境を管理するための「ドメイン0(ゼロ)」と呼ばれるLinux OSが、必ず1つ稼働するからだ。Windows Virtualizationの場合も、やはり管理用のWindows Server 2008のサーバコアが1つ稼働し、それを通じて仮想環境を管理する。

 ドメイン0はあくまでも管理用であり、Xenのハイパーバイザー上で動く。ゲストOSが動く環境は「ドメインU」と呼ばれ、こちらはもちろんハイパーバイザー上で複数動かすことができる。とはいえ、ドメインUは単独で動かすことはできない。ドメインUからハードウェアへのアクセスは、ドメイン0を経由して行われるのだ。

 ドメイン0を経由するとはいえ、ドメイン0での処理がXenのハイパーバイザーに最適化されていることや、後述する準仮想化という効率的な仮想化実現技術の採用により、性能の劣化はほとんどない。そのためXenの特長の1つは、VMwareのハイパーバイザータイプの製品である「VMware Infrastructure 3」と比べても、「勝るとも劣らない高性能だ」と、XenSourceのCEO、Peter Levine氏は言う。Xenの場合は、ホストOSによる仮想化から開発が始まったのではなく、当初からハイパーバイザー型の次世代仮想化環境に特化して開発を行っているからこそ、この高性能が実現できたとLevine氏は説明する。

 Xenのもう1つの特長は、デバイスドライバの仕組みにある。Xenではドメイン0のLinuxを経由して、ゲストOSがハードウェアにアクセスする。そのため、もともとLinuxが動くハードウェアであれば、デバイスドライバが対応しているので、Xenの仮想化環境がそのハードウェアで実現できることになる。これに対し、例えばVMwareでは、ハイパーバイザーがデバイスドライバを管理するので、サポート外のハードウェアでも動くかもしれないが、VMwareがそのデバイスドライバを正式にサポートするかどうかが重要となる。

Xenの弱点は?

 オープンソースでなおかつ本格的なハイパーバイザー型の仮想化技術が存在するのなら、あえて商用の仮想化ソフトウェアを手に入れる必要はないと考えるかもしれない。とはいえ、すべてにおいてXenに優位性があるわけではない。弱点の1つともいえるのが、Xenで採用されている準仮想化と呼ばれる技術だ。これは、処理コストが高いハードウェアの完全エミュレートをする代わりに、ゲストで動かすOSのコードに手を入れて仮想化に対応させる手法だ。

 完全にエミュレートしないので、エミュレーションのオーバーヘッドを最小限に抑えることができ、軽く高速な仮想環境が実現できる反面、ゲストOS側に手を入れるので、改変可能なオープンソースOSでなければゲストOSとして稼働できない。この問題を解決すべく、ソースコードが改変できないWindowsもゲストOSとして動かせるようにしたのが、以前に説明した「Intel-VT」や「AMD-V」といったCPUの仮想化サポート機能ということになる(「CPUの仮想化サポート技術は一体何をサポートしているのか」を参照のこと)。

 Xenがもう1つ不利な点は、Xenはハイパーバイザーとしては優秀だが、それを設定したり管理するための仕組みが提供されていないことだ。Xenは「Red Hat Enterprise Linux 5」や「SUSE Enterprise Linux 10」に含まれているが、仮想化を管理するための特化した便利ツール類は、現段階でこれらディストリビューションには含まれていない。ディストリビューションベンダーは、OS環境を提供するのに手一杯で仮想化環境にはまだ手が回りきっていないのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
仮想化

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化