編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

VA Linux、Xen仮想化システム向け導入/運用支援サービス「VA Virtual-suite」

ニューズフロント

2007-06-20 17:54

 VA Linux Systems Japan(VA Linux)は6月20日、仮想化システムの導入や運用を総合的に支援するサービス「VA Virtual-suite」を発表した。仮想化に関する開発、コンサルティング、障害解析などのサービスを提供していく。

 同サービスは、オープンソースの仮想化技術Xenを中心として、コンサルティング、システム設計および開発、検証、機能解析、障害解析などサービスを「ソースコードレベルから提供する」(VA Linux)。具体的には、以下のサービスメニューを用意する。

  • Xen Quest:Xenに関する障害や性能問題を解析するサービス。ソースコード検証などを通じ、障害原因の追究、特定、回避方法の提案、修正パッチの提供などを行う。料金は月額160万円
  • Xen Expert:Xenベースのシステムに関する受託/開発サービス
  • Xen Zest:Xen対応のコンサルティングサービス。機能強化、チューニング、問題解決の支援、高度なコンサルティングを行う

 また、VA Linuxは7月20日にTokyo Station Conferenceで、Xenをテーマとするカンファレンス「Xen Conference Japan 2007」を開催する。Xenの開発/提供元である米XenSource創設者のIan Prattなどが講演を予定している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]