編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

福田首相を騙る標的型攻撃が発生:メール本文に「アジア外交」

冨田秀継(編集部)

2007-09-26 16:47

 米Symantecは9月25日(米国時間)、Symantec Security Response Weblogにおいて、自民党総裁・福田康夫氏の首相就任を利用した標的型攻撃を確認していると発表した。実行ファイル「mofa.exe」を含む圧縮ファイル「mofa.zip」が添付されたメールを、ユーザーから提供されたことで判明したという。mofa.exeは「Backdoor.Darkmoon.E」として検出され、危険度は最も低い「脅威レベル1」。

 福田康夫事務所では現在、公式ウェブサイトにおいて、「『なりすましメール』にご注意ください」と題した文書を発表している。

 文書では、「今般、福田康夫を装った『なりすましメール』が各方面に配信されていることが判明しました。これらのメールは、本人並びに当事務局では一切関与していないメールです」との見解が示され、「なりすましメールに添付されているファイルは、ウイルスである可能性が高く、危険ですので、速やかに削除していただくようお願いいたします」と注意を促している。

 同社日本法人のシマンテックは、今回の標的型攻撃について、メール本文は入手していないことを明らかにした上で、ユーザーから検体(mofa.zip)が提供されたため、情報を公開したという。メール本文に「アジアとの外交」に関する内容が含まれること、末尾に事務所の住所、電話番号が記されていることについては、毎日新聞社の25日の報道によるものだとコメントしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]