編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

Windowsファイアウォールの例外で、「プログラムの追加」と「ポートの追加」の使い分け

OKWave

2007-10-05 12:00

Windowsファイアウォールの例外で、「プログラムの追加」と「ポートの追加」の使い分け

Windows ファイアウォールの例外設定で、「プログラムの追加」と「ポートの追加」の使い分けが分かりません。
例えば、ホストAで動作しているプログラムAAに対して、
クライアントBが「TCP:ポート100番」を利用してホストAのプログラムAAと接続を行う場合、
ホストAに「TCP:ポート100番」を例外に追加するのと、「プログラムAA」を例外に追加するのでは、同じ意味なのでしょうか。

良回答

ホストAの運用から見て同じ意味ではないと思います。

「TCP:ポート100番」を例外に追加するとは、port:110は常にListen状態にあることになります。(つまり「プログラムAA」に関係なくport:110は開いている)

「プログラムAA」を例外に追加するとは、「プログラムAA」がport:110を制御することになります。(つまり「プログラムAA」起動時にはport:110を開き、「プログラムAA」終了時にはport:110を閉じる、というのが一般的でしょう。)

つまり、PCをどのように使うのか(運用するのか)によって
適切に使い分ける必要があると思います。

回答

「プログラムの追加」
アプリケーションを追加で許可

「ポートの追加」
ネットワークを追加で許可

他のパーソナルファイアーウォールでも同じ。(あなたの方がお詳しい)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]