編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

コマンドラインは不滅--Google Calendar用ユーティリティ「gcalcli」

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:矢倉美登里、高森郁哉

2007-10-05 19:04

 1984年にAppleが打ち出した広告にもかかわらず、今もコマンドラインが大好きなコンピュータマニアの一団が存在するのは明らかだ。

 Linuxのユーザーインターフェースを見せびらかすことを意図したスクリーンショットの多くに、通常は黒い背景をバックに緑色のテキストが表示された、ターミナルウィンドウ(コマンド入力用のウィンドウ)があるのを見たことがあるだろうか。あるいは、Microsoftの最新技術の1つに、コマンドラインを使うスクリプティング言語「Monad」があることは知っているだろうか(正式名は「Windows PowerShell」だが、私はMonadというコードネームの方が好きだ)。

 新旧の技術が融合した最新の例は、Googleのオンラインカレンダーアプリケーションをコマンドラインで操作するインターフェース「gcalcli」だ。gcalcliは、「Google Calendar」の閲覧や更新ができるオープンソースユーティリティで、個人用カレンダーと公開カレンダーどちらでも利用できる。

 たしかに、マウスのポインタとクリック操作が中心のGUIを好む人は多い。以前のテキスト中心の体験に、World Wide Webが洗練されたインターフェースを持ち込んだことで、インターネットは1990年代に大いに普及した。だが、プログラミングに関して言えば、現在もコマンドラインは多数のユーティリティに使われている。

 特定の日時のカレンダーを自動的にチェックするスクリプトを書く場合、テキストを使えば最も柔軟なプログラミングができる。また、「Conky」のようなシステム監視ユーティリティの中に予定表の項目を自動的に表示したり、ウェブブラウザを起動せずにコマンドラインからカレンダーの項目をすばやく追加するといったことも可能だ。

 BroadcomのプログラマーであるEric Davis氏は、米国時間10月1日にgcalcliの最初の公開版をリリースし、すでに一度アップデートしている。リベラルなオープンソースライセンスである「MIT License」の下で公開されており、インストールするには「Python」プログラミングツールとPythonの一部の拡張機能が必要だ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]