編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

fopenとfcloseの繰り返しでpanic (FREEBSD)

OKWave

2007-10-19 16:00

fopenとfcloseの繰り返しでpanic (FREEBSD)

以下のプログラムをコンパイルして実行すると
panicが発生して強制リブートしてしまいました。
これは何が原因なのでしょうか?
頻繁にfopenとfcloseを繰り返したら駄目なのでしょうか・・。


#include 

main(){
FILE *fp;

while(1){
fp=fopen("test.txt","wt");
fprintf(fp,"aaaaaaaaaa\n");
fclose(fp);
}
}
良回答

#1です。 (以下、実験が自己責任であることは認識した上で、行っています。)

もう一度、VirtualPC上の6.1-RELEASE-p10で1時間ほど実行してみましたが、
Panicは起こりませんでした。

すでに行っているものもあるかもしれませんが、
実験出来そうなことを何点かあげてみます。
(1)コンパイルオプションを変えてみる(-O2だったら、-O0,とか-O1とかにしてみる)。
(2)設定ファイル「GENERIC」でコンパイルしたカーネルで試す。
(3)6.1-RELEASEをインストールして、その直後に試す。
(4)「memtest86」等でメモリをチェックする。

VMWaveでもPanicしているのだとしたら(3)のメモリエラーは考えにくいですね。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]