編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

リアルネットワークス、Windows版「RealPlayer」のセキュリティパッチをリリース

文:Robert Vamosi(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル

2007-10-23 11:43

 ハッカーに悪用されているセキュリティホールに対処するために、RealNetworksは「RealOne Player」のWindows版であるRealOne Playerバージョン2、RealPlayer 10.5およびRealPlayer 11ベータ版に対応するセキュリティ修正をリリースした。Windows版のRealPlayer 8およびRealNetworksの以前のバージョンには脆弱性はない。また、Linux版とMacintosh版のRealPlayerも影響を受けない。

 この攻撃はRealPlayerによってインストールされたActiveXオブジェクトをターゲットとし、このオブジェクトが「Internet Explorer」ブラウザと対話する方法に影響を与える。

 対象となるユーザーはRealPlayer 10.5またはRealPlayer 11ベータ版にアップグレードした上で、最新のパッチをインストールする必要がある。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]