編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

Netscape 9.xに複数の脆弱性--Firefoxと同一

荒浪一城

2007-10-25 18:48

 Secuniaは10月23日(デンマーク時間)、Netscape 9.xに複数の脆弱性が発見されたと公表した。影響度は、5段階中上から2番目の「Highly critical」に位置づけられている。

 この脆弱性は、Mozilla Firefox 2.0.0.8で修正されたものと同一。以下のものが、Netscape Navigatorの修正に含まれている。

  • MFSA 2007-36 不正に%エンコードされたURIがWindowsによって誤って処理される
  • MFSA 2007-35 Scriptオブジェクトを通じたXPCNativeWraper汚染
  • MFSA 2007-34 SFTPプロトコルを通じた潜在的なファイル漏えい
  • MFSA 2007-33 XULページによるウィンドウタイトルバーの隠ぺい
  • MFSA 2007-32 ファイル入力フォーカスの横取り
  • MFSA 2007-31 ダイジェスト認証リクエストの分割
  • MFSA 2007-30 onUnloadイベントハンドラの「共連れ」
  • MFSA 2007-29 メモリ破壊の形跡があるクラッシュ(rv:1.8.1.8)

 影響を受けるバージョンは、Netscape 9.x。解決策はNetscape 9.0.0.1へのアップデートとなる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]