編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

mount設定による影響

OKWave

2007-10-29 10:00

mount設定による影響

一般的な話となりますが、バッチ処理にて、
mountの設定、mountの解除 を行う事により
バッチ処理の不安定感、危険度は増す物でしょうか?

良回答

 適切なタイミングでマウントされるなら・・・問題ないですが、マウントするバッチが色々なタイミングで動作するなら危険です。

 一般論では問題ないはずです!

回答

(1) バッチ処理から mount を行う
(2) 何らかの理由で別のプロセスがマウントされたディレクトリにアクセスする
(3) バッチ処理が umount を行う

この時、(2) のプロセスがマウントされたディレクトリ内で処理を継続していると (3) の umount が失敗することになります。つまり実装によってはバッチ処理が異常終了となり、マウントが解除されないままになってしまうでしょう。

強制的に umount させることもできるかもしれませんが、ファイルシステム破損のリスクを伴います。

ただ、NFS mount でもない限りそれほど大きなリスクにはならないと思います。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]