編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

画像やPDF、MP3などスパム攻撃者は新たな手法を模索--シマンテック調べ

吉澤亨史

2007-11-08 21:07

 シマンテックは11月8日、10月の月例スパムレポートを発表した。発表によると、10月の全送信メッセージ中のスパムの割合は前月よりわずかに増えて70.5%となり、このうち18%が詐欺やフィッシングなどのカテゴリに該当するスパムであった。

 10月のハイライトとして、ある有権者は、米国の大統領選の時期に特定のスパム攻撃者から支持を求められるメールを受信したことや、音声化された株価スパム、環境保護スパムなどの登場を挙げている。画像スパムは引き続き減少傾向にあり、10月の割合は7%であった。

 株価スパムの音声化では、過去1年間でスパム攻撃者がこの種のスパムについての攻撃手法を変化させていることがわかっている。それは、画像スパム、画像アップロード用のホスティングサービスに画像を公開する手法、受信者を特定の株式関連画像へ誘導するURLやリンクをメール文中に貼り付ける手法、そしてPDFスパムへと変遷している。音声化されたMP3スパムでは、一部文字化けした株価関連の音声メッセージが約30秒間流れる。

 シマンテックではまた、その他の注目すべきスパムとして「Trick or Treat! ハロウィーンスパム」「スパム攻撃者は、前月に引き続いて米国の住宅市場に注目」「スペイン語による医薬品スパム」「ロシア人 花嫁スパム」を取り上げている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]