編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

引用符でHTMLリンクを分割するなど新手法スパム登場--シマンテック調べ

吉澤亨史

2007-04-10 11:44

 シマンテックは4月9日、2007年3月の「シマンテック月例スパムレポート」を発表した。

 発表によると、2007年3月のスパム活動は過去数か月のトレンドと大きな変化は見られないものの、一部新しい兆候が現われている。画像スパムの割合は引き続き不安定で、3月末の時点でネット上の全スパムの37%を占めた。また、SMTP層における全送信メッセージ中のスパムの割合は1カ月間ほぼ安定しており、平均すると65%前後であった。

 傾向としては、フィッシングサイトのURLをカモフラージュするためにJavaScriptを活用する昔の手法が再び流行している。受信メール本文内のURLが正規のものかどうかを確認する手段のひとつに、カーソルでハイパーリンクをなぞり、ブラウザのステータスバーに表示されるURLをチェックする方法がある。しかし、JavaScriptを活用することで、ステータスバーに表示されるテキストを変えることができる。

 シマンテックではまた、新たに引用符("")によってリンクのhttpを細かく区切ったスパムメールを発見している。URLフィルタリング機能を回避するために従来からさまざまな手法があるが、これもその一例だという。また、休暇シーズンに合わせたスパム攻撃の中でも、特にレプリカ腕時計に関するスパムが増加傾向にあるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]