ハイパーコネクティビティでサービスの仮想化が必須に--企業ネットワークの近未来(3)

犬塚昌利(ノーテルネットワークス) 2007年11月15日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前回は、ハイパーコネクティビティの時代を前に、統合管理と仮想化を急ぐ必要があると述べた。もちろん、ITインフラの統合は、仮想化技術によって進む。そこで今回は、仮想化(バーチャライゼーション)について考えよう。

 おそらく仮想化といっても、すぐにピンとこない方も多いことだろう。そこで、少し身近な世界の中でマッチする仮想化的な例を出してみよう。

 仮想化の世界をイメージする時、私はつい何人もの女性と同時につき合うプレイボーイの姿を想像してしまう。リソースは彼1人で、本来女性とは1対1のつき合いであるべきなのだが、彼はすばらしいリソース管理機能を持っており、複数の女性に対して自分のリソースをうまく配分し、1対多のつき合いを可能にしている。それぞれの恋愛の場をうまく運んでいくには、きっと、気持ちの持ち方をうまく切り替えて、それぞれの場(彼女?)に合わせた気持ちで望まなくてはならないだろう。要は、心の切り替えをうまくして、それぞれの恋愛の世界に入っていくことができる、そんなちょっと器用な(?)考え方を仮想化的な考え方と言うこともできるのではないだろうか。

 このイメージにどこまで同意してくれる方がいるのか、非常に疑問に思いつつ、今回も本題へ入ることにしよう。

ITインフラの統合は仮想化で進む

 私たちは、ハイパーコネクティビティの時代を前に、統合管理と仮想化を急ぐ必要がある。ITインフラの統合は仮想化技術によって進むため、仮想化はいま旬なテクノロジーの1つだろう。例えば、ネットワークプロトコルの第2層に位置するL2スイッチがいまや標準的に備えているVLANは、伝統的な仮想化技術だ。第3層には、バーチャルルータが存在する。コンシューマーには耳慣れないかも知れないが、通信事業者やサービスプロバイダーではバーチャルルータが数多く使われている。

 ちなみに、普通のルータは、1つの箱の中に1つのルーティングテーブルを持つ。バーチャルルータは1つの箱の中に仮想的に独立した複数のルーティングテーブルを持つ。つまり、バーチャルルータとは1つの箱で数十台、数百台のルータを収容できる製品だ。

 そして今では、さらに上の第4層から第7層に位置するアプリケーション層の仮想化が始まっている。企業ネットワークに視線を移せば、仮想化技術はデータセンターにおいて盛んに活用されており、その重要性が見直されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算