編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

IBM、「Blue Cloud」コンピューティング計画を発表

文:Martin LaMonica(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル

2007-11-16 12:42

 IBMは米国時間11月15日、「Blue Cloud」計画を発表した。インターネット経由で巨大データベースを利用することで大規模アプリケーションの稼働を容易にすることができるという。

 IBMは、同プロジェクトには200人の専任の研究者が従事しており、2008年の第1四半期にサービスを提供する予定だと述べている。

 最初の製品は、Linuxベースのサーバに「クラウド」ソフトウェアが搭載された「IBM BladeCenter」になる予定。

 製品には、グリッドコンピューティングソフトウェア、仮想化ツールの「Xen」と「PowerVM」、もともとはYahooが開発したオープンソースのパラレルワークロードスケジューリングソフトウェア「Hadoop」が含まれる。また、ハードウェアのプロビジョニングを自動的に行い、コンピューティングニーズの変化に合わせて調整するIBMの「Tivoli」データセンタ管理ソフトウェアも含まれる。

 Blue Cloudは、大量のデータを処理でき、仮想化やデータセンタなどの管理ソフトウェアを利用して、効率的に稼働可能なサーバを導入し、自社のクラウドコンピューティングを構築しようとしたIBM社内の取り組みから誕生した。

 IBMとGoogleは10月、クラウドコンピューティングを利用したサーバインフラストラクチャの構築計画を発表し、学生が膨大な数のサーバで動作するアプリケーションの開発方法を習得できるよう支援する予定である。

 IBMのハイパフォーマンスオンデマンドソリューションの最高技術責任者(CTO)であるDennis Quan氏は、エンドユーザーによるオンライン経由のコンテンツ提供が多くなるWeb 2.0的なアプリケーションが増えるにつれ、企業はこれらを処理するより良いツールを必要とするようになるだろうと述べている。

 「この技術が大学や学術機関だけのものではないということを実現することが重要だ。この技術には幅広い適用性がある」(Quan氏)

 当初は、ソフトウェアが内部にバンドルされたハードウェアを稼働することになる。しかし、IBMではBlue Cloudスイートをベースにした、アウトソースのコンピューティングサービスの提供も考えていると、Quan氏は述べている。

 Quan氏によれば、Blue Cloudは、アウトソースのユーティリティコンピューティングサービスの概念を基に、最新のソフトウェア、特に仮想化を利用して構築されているという。また、大勢のモバイルユーザーが同時にオンラインにアクセスするなど、エンドユーザーのコンピューティングニーズの変化に対応できるように設計されている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]