編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

「情報入力させるサイトはSSL対応とするべき」が半数に--ベリサイン調べ

吉澤亨史

2007-11-20 20:38

 日本ベリサインは11月20日、「インターネットユーザのインターネットセキュリティに関する意識調査」の結果を発表した。この調査は、個人インターネットユーザー800人を対象に、11月2日から4日にかけて実施したもの。

 調査結果によると、ネットサービスを利用する際に個人情報の漏洩について不安に感じるときは、「銀行口座の出入金(78.4%)」、「オンライン決済を含むオンラインショッピング(80.3%)」といった、お金のやり取りが発生する利用において高い割合で不安を感じる人が多い中、「ウェブサイトからの会員登録(66.8%)」や「ウェブサイトからの資料請求(61.5%)」といった機会にも不安を感じる人が多く存在した。

 ネットサービスを利用する際に安全性を確保するために確認することでは、「SSL対応していること」との回答が67.3%と最も多く、「有名な企業であること」と続いた。また、「プライバシーマークがあること」が28.2%であるのに対し、「SSL対応シールの掲示があること」の回答が29.4%となっており、プライバシーマークだけでなく実際にSSL対応しているかどうかを判断基準としていることがわかる。

 しかし、「情報を入力させるウェブサイトは必ずSSL対応とするべき」と考える人が44.4%いることに対し、「対応しているからといってすべてが安心できるサイトとは限らない」との回答が34.8%あり、SSLサーバ証明書が示す安全性に対し疑問を持つ人が約3割存在していた。

 フィッシングサイトに対する意識については、ある程度の知識のある人が67.4%いることに対し、対策を知らないので取っていないという人が36.8%、対策を知っていてとっていない人と合わせると58.3%となり、個人情報の漏洩に対する意識と比較すると、フィッシング詐欺被害防止の意識は低いという結果となった。

 3月から販売されている、統一された高い認証基準により発行されるSSLサーバ証明書である「EV SSL証明書」については、「まったく知らない」と回答した人が68.4%と、認知度がかなり低かった。EV SSL証明書の説明を行った後では、EV SSL証明書を導入している企業に対するイメージについての質問に対して、「セキュリティ対策としては不十分だ」と回答した人は3.9%と少なかった。

 また、大多数がEV SSL証明書によるウェブサイトのセキュリティの高さを感じており、同時に「企業がセキュリティ対策に取り組んでいる」が76.4%、「企業が利用者の安全性を確保しようとしている」が72.3%と、企業のセキュリティ対策と顧客の安全を確保する姿勢を高く評価する意見が多かった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]