「Google Custom Search Engine」、全世界向けに拡大

文:David Meyer(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年11月21日 12時28分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleのビジネスユーザー向けホスティッド検索サービスが初めて全世界向けに拡大された。

 これまでは米国内のみで提供されていた「Google Custom Search Engine」プラットフォームでは、ユーザーが自分のウェブサイトにGoogle検索機能を追加することができる。広告収入による無償版も提供されているが、有料のビジネス版では、管理者らに提供されるサポートとカスタマイズの範囲が大きい。

 Googleの欧州エンタープライズディレクターであるRoberto Solimene氏は米国時間11月20日、「多くの組織にとって、ウェブサイトは世界に対するその組織の窓であり、顧客がサイトに興味を抱くようにかなりの投資をする部分である」と述べた。「しかしサイトを訪れてくれた訪問者にサイト内にとどまってもらうことは非常に難しく、検索機能がないとしたらそれがウェブサイトにとどまってもらうための『粘着性』の欠如の主な要因になりかねない。ユーザーが容易に、迅速に、そして正確に必要な情報を検索できるように改善することにより、企業は自社ウェブサイトを投資に見合ったものとすることができる」(Solimene氏)

 Custom Search Engineの無償版もビジネス版も、特別なインストールの必要なくホスティッド検索機能を提供する。また両者ともに管理者らが利用状況を監視するためのレポートを提供する。

 しかしビジネス版には、Googleのエンタープライズグループによる電子メールや電話でのサポートオプションが追加されている。また、広告を掲載するか否かの選択が可能で、XML APIを用いて結果を完全にカスタマイズすることもできる。カスタマイズでは、結果の表示形式のみでなく、指定されたサイトの結果を強調表示したり除外したりすることが可能である。

 これまでのところ英国では、Google Custom Search Business Editionの利用例が2件存在する。1つは、自社の900万件の文書を一般向けによりアクセスしやすいものとするために最近これを利用し始めたParliamentである。もう1つはMonarch Airlinesで、同アプリケーションの統合により、顧客が荷物の規定や航空セキュリティに関する質問に対する回答を、航空会社に直接問い合わせるよりも検索するようになったために、顧客からの受信電子メールが30%削減されたと主張している。

 Google Custom Search Engineのビジネス版の価格は、500ページ以内の検索に対し年間約50ポンド(103ドル)からである。30万ページ以内の検索に対する年間使用料は約1125ポンド(2308ドル)で、さらに大容量のページのサポートが必要な顧客は、Googleのエンタープライズ販売グループに直接交渉する必要がある。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]