SFLC、GNU GPL違反容疑の企業2社を提訴--Monsoon Multimediaに続き

文:Martin LaMonica(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年11月21日 14時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オープンソースソフトウェアを法律面から支援する目的で設立された非営利財団Software Freedom Law Center(SFLC)は、GNU General Public License(GNU GPL)違反容疑で企業2社を提訴したと発表した。GNU GPLは、Linuxをはじめとする数千種類の無料のオープンソース製品の利用方法について定めている。

 これら2件の訴訟はSFLCが提起した2件目と3件目の訴訟であり、GNU GPLを守らせるためには提訴も辞さないというSFLCの意志の表れといえる。

 2件の訴訟の原告は、BusyBoxと呼ばれるソフトウェアを開発したプログラマーのErik Andersen氏とRob Landley氏だ。BusyBoxは、GNU GPLバージョン2が適用されており、組み込み型機器にLinuxとともに使用される場合が多い。

 一方、被告はXterasysとHigh-Gain Antennasの2社で、どちらも無線通信ハードウェアメーカーだ。

 SFLCは両社にGNU GPL違反容疑について通告したが、返答がなかったため提訴に踏み切ったという。

 SFLCは、以前にもBusyBoxソフトウェアの使用をめぐり開発者であるLandley氏らに代わってデジタル家電販売大手のMonsoon Multimediaを提訴したが、10月に同社と和解している。

 GNU GPLバージョン2の条項の下では、GNU GPLで保護されたソフトウェアに改変を加えた者はそのプログラムのソースコードの公開が義務付けられている。

 「われわれは、企業がそれぞれのハードウェア上でBusyBoxを使って何をしようが構わない。ただ、その見返りとして、彼らがBusyBoxを使って開発したものをわれわれのハードウェア上でも再現可能にするよう求めた。なぜなら、それこそがGNU GPLに具現化されている取り決めだからだ」(Landley氏)

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化