編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

JavaScriptで3D描画―ネットアプリの常識変える?:Firefox 3.0で搭載へ

後藤大地(オングス)

2007-11-29 20:38

 次期FirefoxとなるFirefox 3.0では、JavaScriptから3Dを描画する機能がCanvasに追加されるようだ。CanvasはJavaScriptから直接描画できる「キャンパスの」ことで、すでにいくつかのAjax JavaScriptフレームワークなどで同機能を活用したウィジェット描画などがおこなわれている。

 Vladimirブログに、Canvasに3D機能を追加したCanvas 3Dが紹介されている。Firefox 3 Beta 1をインストールし、同氏が提供しているエクステンションを追加すればCanvas 3D機能が有効になるようだ。もちろんmoz-gles11の機能を使うならOpenGL 1.5が、moz-glweb20の機能を使うならOpenGL 2.0が実行したいプラットフォームで描画できる必要がある。

 Firefox 3でCanvas 3Dの機能がデフォルトで搭載されるか、このままエクステンションの形での提供となるかはわからないが、Webアプリケーションにとってもゲームアプリケーションにとってもユーザエクスペリエンスを大幅に向上させることになるだろう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]