編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

日本にも負けない“親指族”が育つフィリピンのケータイ事情(ZDNet Japanブログより)

若井直樹

2007-11-30 17:22

 フィリピンにおいて、携帯電話のSMS(ショートメッセージサービス)はもっとも身近な通信手段として、老若男女に使われている。しかし、新品を買えば日本円で2万円から果ては12万円くらいするはずだ。

 携帯電話の中古市場があるのをご存じだろうか? こちらは日本と違って、携帯電話機のメーカーと通信会社はそれぞれ役割が完全に分離されている。主要な通信会社は、「SMART」と「Globe」である。通信会社が提供するSIMカードを購入し携帯電話機に差し込みさえすれば、即座に通信が可能である。

全文はこちら--「アジアIT通信」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]