編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

4日で次のリリース―Firefoxに何が?

後藤大地(オングス)

2007-12-03 21:34

 Mozilla Corporationは11月30日(米国時間)、「Firefox 2.0.0.11」を公開した。安定性の向上およびセキュリティフィックスが行われている。26日(米国時間)の前バージョン公開からわずか4日間という短期間でアップデートされたことになる。

 これは2.0.0.10においてCanvas APIのdrawImage()が正しく動作していない問題が発見されたためだ。Canvas drawImageのサンプルにアクセスしてグラフが表示されないようならdrawImage()は正しく動作していない。Firefoxのアップグレードが必要だ。

 いってしまうと、2.0.0.10は失敗のリリースだったということになる。Canvas drawImageが動かないというのは特定のアプリケーションにとっては致命的なことであって、正式リリース版にはあってはならないことだ。プロジェクトでは今後こうした問題が発生しないよう、試験を追加する。

 しかし、問題が発覚してからほかのバグも含めて4日後には次の正式版が配布されたのは評価すべきだろう。大規模アプリケーションはリリースの動きが鈍重になりがちだが、Firefoxプロジェクトのフットワークは十分に軽いようだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]